予防していくためには?

公開日: : 予防

うがい・手洗いを徹底しよう

インフルエンザというのは、身近なところから予防や対策をしていく事ができるものです。

徹底的に予防していくのでしたら、外出時に人ごみをさけたり、そもそも表に出ないという事もできます。

しかし、通勤や学校などに通っている方は、自分が外に出たくなくても、仕方なく出なくてはならず、外出を避ける事はできません。

しかし、外から帰ってきた時に、必ずうがいや手洗いをするという事を徹底すれば、インフルエンザは十分回避していく事ができるのです。

インフルエンザはウイルス、つまり菌です。

外に出るという事は、自分の喉や手指にも、何らかの菌が付着してしまうリスクも大いに考えられます。

その菌からインフルエンザウイルスが発症するケースも多いので、殺菌していくためにも、外出後はきちんとうがい・手洗いをしていきましょう。

ビタミンCをたくさんとる

普段の食事からも、十分インフルエンザの予防をしていく事ができます。

これは、インフルエンザに限らず、風邪予防のためにもなる事ですが、ビタミンCを中心として食事をとると、免疫力が強化され、インフルエンザ対策になります。

ビタミンCというのは、体の抵抗力を高め、ウイルスや菌に侵されにくい体にしていく事ができます。

冬の時期はインフルエンザウイルスも浮遊し始める季節ですが、自分の抵抗力が強ければ、菌の多い環境に身を置いていてもバリアする事ができ、インフルエンザウイルスに感染する事を防いでいけるのです。

また、柚子湯に入るというのもいいですし、冬至(12月22日)の日にかぼちゃを食べると風邪をひかなくなると言われています。

かぼちゃにはビタミンAが豊富で、風邪への免疫力を高めてくれると言われています。

予防接種を受ける

安心のために、インフルエンザの予防接種を受けるというのも対策としておすすめです。

お近くの病院やクリニックでも、インフルエンザの予防接種を受け付けているところは非常に多くなってきています。

料金は3000円~程度です。

11月頃に受けると、ちょうどインフルエンザが流行する時期に効能が表れてくると言われています。

インフルエンザのワクチンを受けた当日は、お風呂などには入らないようにするといいでしょう。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
風邪とインフルエンザの違い

インフルエンザは急な発熱が特徴的 インフルエンザと風邪はよく間違われ

no image
予防していくためには?

うがい・手洗いを徹底しよう インフルエンザというのは、身近なところか

no image
インフルエンザの症状

インフルエンザの特徴とは 皆さんは、インフルエンザになった事はありま

no image
こんな時はすぐに病院へ!

いつもとは違う症状をいち早くキャッチする 冬の時期は、インフルエンザ

→もっと見る

PAGE TOP ↑