インフルエンザの症状

公開日: : 改善

インフルエンザの特徴とは

皆さんは、インフルエンザになった事はありますか?

インフルエンザになると、高熱が出て、食べ物も食べられない程、とても苦しい症状に襲われます。

流行る時期は、特に12月~2月までとされています。

インフルエンザは、以前までは、小さなお子様やお年寄りなど、軟弱な方がかかりやすいと言われていましたが、最近はそうとも限らず、大人の方でも、インフルエンザの菌に侵されてしまい、インフルエンザになってしまう方もいらっしゃいます。

特に会社勤めの方でしたら、毎日電車の通勤などでインフルエンザの症状が伝染してしまうという事も有り得るのです。

家にいれば安心というわけではなく、例えば、ご家族のうち、誰か一人でもインフルエンザの症状の方がいれば、同居している他のご家族の方皆にインフルエンザが伝染してしまう可能性もあるのです。

インフルエンザは空気感染してしまうものなので、細心の注意が必要なのです。

インフルエンザの詳しい症状について

インフルエンザになったら、具体的にどのような症状が出てきてしまうのでしょうか?大きな特徴は、急な高熱です。

平熱が低いという方でも、インフルエンザになってしまった時には、38度~40度になる事もあります。こんな高熱では、味覚も麻痺してきてしまい、食品の味が分かりませんし、関節や筋肉など、体のあちこちが痛くなってしまいます。

学校や仕事に行く事はできず、寝たきりになってしまう事が一般的です。

鼻水が出てしまったり、咳や淡が出るといった面では、普通の風邪と似たような共通点もありますが、急な発熱により、症状は普通の風邪よりも重く、つらい症状だという事ができます。

インフルエンザはどのくらいで治るのか

インフルエンザの潜伏期間は1~3日間だと言えます。

完治するまでは、三日~一週間程かかってしまう事もあります。

そのため、受験を控えている方などは、11月などに、予めインフルエンザの予防接種を受けておく事がすすめられます。

関連記事

no image

こんな時はすぐに病院へ!

いつもとは違う症状をいち早くキャッチする 冬の時期は、インフルエンザが流行ります。 人ごみなどに

記事を読む

no image

風邪とインフルエンザの違い

インフルエンザは急な発熱が特徴的 インフルエンザと風邪はよく間違われやすいのですが、インフルエンザ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
風邪とインフルエンザの違い

インフルエンザは急な発熱が特徴的 インフルエンザと風邪はよく間違われ

no image
予防していくためには?

うがい・手洗いを徹底しよう インフルエンザというのは、身近なところか

no image
インフルエンザの症状

インフルエンザの特徴とは 皆さんは、インフルエンザになった事はありま

no image
こんな時はすぐに病院へ!

いつもとは違う症状をいち早くキャッチする 冬の時期は、インフルエンザ

→もっと見る

PAGE TOP ↑